ウルグアイBBQ

ウルグアイ BBQ 1
ウルグアイ人のソウルフード「アサド」、超絶美味です。

南米ウルグアイに仕事に行ったとき沢山BBQを食べてきました。ウルグアイはブラジルとアルゼンチンの間にある北海道程の大きさの小国です。しかしウルグアイはとても物価が高く、裕福なブラジル人とアルゼンチン人の観光地ととなっている豊かな国です。

ウルグアイの伝統料理も牛肉を使ったものが多く、ウルグアイ人も彼らの牛肉の品質には他の国に負けないという絶対の自信を持っていました。実際に私も何回も現地の肉屋に買い物に行きましたが店の中もとても新鮮な肉の香りが漂っていました。この肉の香りは日本の精肉店で嗅ぐような香りではなく、甘く香ばしい香りで私にとってはじめての種類の香りでした。癖になりそうです。.

 

BBQ ウルグアイ 2
ウルグアイのBBQ「アサド」のシステム。

 

ウルグアイのBBQのシステムは少し変わっていて、まずU字型の網で薪を燃やし、薪が赤く燃える炭(スミ)になって網の下に落ちてたところを、背の低い網の下にスライドさせて、その炭(スミ)の熱でじっくり時間をかけて焼きます。味付けは塩のみで焼きあがった後に付けて食べます。このアルゼンチンのBBQはアサド (asado) といわれ、ウルグアイ人の国民食となっています。

味は超絶美味!様々な部位の新鮮な肉を炭火でじっくり焼き上げ、塩のみでシンプルに食べます。この食べ方が肉の味を最大限に引き出しています。

このBBQにウルグアイ人はとてもこだわりがあり、BBQの焼き方が一人前になるまで何年もかかるといっていました。ウルグアイの一軒家のほとんどにBBQ用の暖炉があって日常的にBBQを楽しんでいるようです。

 

ウルグアイ BBQ 3
ウルグアイではマツボックリで火付けをする。

もう一つ面白いと思ったのが火のつけ方です。雨などが降ると薪が湿ってしまい火が付きにくくなります。そこで役に立つのがマツボックリ。マツボックリはその形からかとても火が着きやすく、まずはそのマツボックリで火をおこし薪を燃やします。

 

BBQ ウルグアイ 6
調理中のアサド。焚き火にもなって一石二鳥。
BBQ ウルグアイ 8
肉汁溢れるピンク色のアサド。

炭火でじっくり焼かれた新鮮な肉は火がしっかり通っていながらもピンク色で歯ごたえがあり、肉汁たっぷりで最高でした。

バーベキューの美味しさに感動してたら、感動している私にウルグアイ人のチームメイトが感動してくれて、毎日BBQを作ってくれました。2週間いた中で10日間は肉を喰らいました。ウルグアイ人のソウルフードの「アサド」最高です。

 

お試しあれ!

 

 

<おまけの一覧ページに戻る>

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close